2013年10月31日木曜日

「なんで英語なんか勉強しなくちゃいけないんですか?」 (第5回英語教育ブログ一斉更新企画)

長い間ブログを放置していましたが、久しぶりに更新してみようと思い立ちました。
そのきっかけは、英語教育2.0さんの

[みんなで英語教育]『英語教育ブログ』みんなで書けば怖くない!

という企画のお知らせがあったからです!これは面白そう!ということで乗っかってみました。(^O^)

お題はこちら。

「生徒に、『なんで英語なんか勉強しなくちゃいけないんですか?』と訊かれたら、何と答えますか」


乗っかってはみたものの、すごく難しい!笑

でも、現場に出た経験も無いヒヨっこが、「こういうことを言える先生になりたいなぁ」という理想も込めて、書いてみたいと思います。
-----------------------------------------------------------------

(゜∀゜)「グローバル化が進行する中で、国際的な場で活躍する場は増えてくる。そんな時役に立つのが英語だ。僕はみんなに世界で活躍できる人材になってほしい。だから、みんなは英語を勉強するんだ!」

(・ω・)「町で困っている外国人がいても、英語ができないと助けてあげられないでしょ?逆に、海外旅行に行っても、英語が使えたら助けてもらえるし便利!だから、みんなは英語を勉強するんだよ!」

(^Д^)「世界中に友達の輪が広がるよ。それっていいでしょ?だから、みんなは英語を勉強するんだ!」

(`・▽・´)「英語が合格を左右するんだ!そんなくだらんこと考えてないで、黙って勉強しろ!」

(◎∀◎)「生きていたらなぁ、おまえ、やりたくなくてもやらなきゃならない時があるんだよ…今が、その時だ。さぁ…勉強しよう…」

-----------------------------------------------------------------
えっと、これは、僕の答えではありません汗

中高生の時、もし先生に聞いてたらこんな風に返ってくるだろうなーという予想です。
この5つの例を冷めた態度で書いていて「うわ。怖いなー」って思ったのは、これらの答えが完全に「テンプレート化」しちゃってることと、純粋な子ほど「分かりました!」って納得しちゃいやすいことだと思います。

「なんで英語なんか勉強しないといけないんだろう」
っていう疑問が生じる子って、そもそも国際的な場で活躍したい、海外旅行に行きたい、世界中に友達を作りたい、難関校に合格したい、修行したいっていうような、諸々のモチベーション自体が低い子どもたちだと思うんですよね。(もちろん、何も言わないけど疑問に思っている子もいるでしょうが。)

正直、そんな子どもたちに対して、グローバル化だの外国人の友達だのコミュニケーション能力だの説いても、何も伝わらないと思うんです。彼らは英語がない世界で十分に生きていけるし、それに満足している。(少なくともこれを訊いている時には。)

では、「自分は何で英語を勉強するのか」を考えてみました。そのときに最初に出てきたのは
「ことば(英語)って深くて面白い」っていうつまらない答えでした笑
でも、これも英語嫌いの子には伝わらない。やっぱり、クラス全員に還元できるものでないと…

「どんな答えがいいかな?」と考えて、「こんなのでいいのかなー?」と思いつつも、出てきた答えは、

「(英語を)勉強するのは、自分を褒めるため」

今はまだただの理想論ですが、こんなことを言える先生になりたいです。
(あ、一応ですが、自分はある先生の思想に多大なる影響受けているため、似たようなことを言ってるかもしれません。でも、今は自分の教育観になっております。単なるパクリではございませんので、あしからず…)

英語を括弧でくくったのは、実は英語も数学も国語も他の教科も、教科と内容が違うだけで、あとはそんなに違わないんじゃないかって思ってるからです。(もちろんつけたい力は違うんでしょうけど)

でも、英語が他の教科と違って強いのは、クラスのスタートラインがほぼ一緒であるということだと思います。だから、他の教科に比べて、自分を褒めるチャンスも多い。


結局、英語嫌いな子って小さな「わからないこと」や「できないこと」から始まっていると思うんです。
しかも、「わからない」「できない」ことが、悪い事、恥ずかしい事だと思っているから、そんな自分を認めたくない。
だから「英語なんか一生使わんし」とか「まず英語の先生が嫌い」とかいろんな理由をつけて、「自分を傷つける」教科から逃げようとするんだと思います。

でも、自分は多分英語は一生使わないだろうなっていう子でも、「わからない」「できない」ことに対してマイナスイメージを持っていなければ、単純に英語を楽しんで勉強できるはずです。
そういう子って、おそらく、「分かるようになった」「できるようになった」その体験の度に「自分もやればできるんだ!」って無意識に自分を褒めることができているのではないでしょうか。

だから、「なんで英語なんか勉強しないといけないのか」と訊かれたら、
「世界が云々」「英語が云々」「将来が云々」って説教垂れる前に、今の子どもの状態や気持ちをよく見て

「自分を褒めるためだよ」
「自分を認めるためだよ」
「自分を好きになるためだよ」

って言ってあげることのできる先生になりたいです。(理想論かもしれませんが)
そのためには、普段からそういう雰囲気を作っていくとはあると思いますけどね(^^)

働き出した時に、

「なんで英語なんか勉強しなくちゃいけないんですか?」

じゃなくて、

「なんで英語の時間こんなに少ないんですか?」

って言ってもらえる先生になれるように、今のうちに精一杯勉強します!